SSブログ

AKB 握手会 事件の動機が不可解な件 [AKB48]


5月25日岩手県滝沢市でのAKB握手会で起きた事件について、現行犯逮捕された容疑者の動機が次々と出てきていますが、どうも、やってることと、言っていることが一致しないように感じます。


事件は滝沢市の岩手産業文化センターで発生し、開催中だったAKB48の入山杏奈さんと川栄李奈さん、それに二人をかばったスタッフの男性三人が犯人が持った折りたたみ式鋸で襲われ指を骨折するなど大怪我を負った事件です。

川栄李奈と入山杏奈.png


その後の警察の調べで24歳で無職の容疑者が動機を語っているようですが、その動機がどうも不可解です。



警察では、「誰でもよかった、人を殺したかった」と言っているそうですが、どうも変です。


まず、握手会に参加するためにはAKB48のCDを購入する必要があります。(ファンクラブとかモバイル会員というのもありますが、今回はそこまでは触れません)

なので、「誰でもよかった」の誰というのが、まずわかりません。握手会に言った方ならわかるの思うのですが、メンバーと握手するためには、それなりの早い時間に会場に到着して、長い列に並ばなければなりません。そこからして、すでに計画的な犯行の可能性を感じます。



それに、誰でもよかったのなら、それこそ、会場のファンでもよかったわけで、握手会の列に並んでいる理由がわかりません。握手するまでは結構忍耐入りますよあれは。



次にAKB48のメンバー誰でもよかったのなら、なぜ、川栄李奈さんと入山杏奈さんの列に並んだのでしょうか。この二人はAKB48の中でも中堅の部類に入り、決して短い列ではありません。並んですぐに握手できるメンバーではありません。


当日、その握手会に参加していなかったので、他にどんなメンバーがいたかは不明ですが、確実に、彼女らより短い列があったはずです。


なので、どうしても、AKB48のメンバーを計画的に狙っていた可能性が高く、そのメンバーも川栄李奈さんか入山杏奈さんを狙っていたのではないでしょうか。本人は川栄李奈さんのことは知らないと言っているようですが、知らない人が偶然に選べれるような単純なものでもありません。ましてや、凶器を隠し持っていたわけですから、少しでも早く犯行を終えて、逃げる事を考えるはずです。

しかし、ここまで、計画的に、執拗に機会を狙っていたはずなのに、この犯人はまったく逃げることを考えていません。むしろ、捕まることを前提にしていた節があります。


確かに、あの握手会の中で刃物を振り回しても逃げきれるはずがありません。そんなことも考えられなかったのでしょうか。いや、やはり、捕まることを確信していたと考えるべきでしょう。


これらを考え合わせると、犯人はかなり計画的(でなければわざわざ青森県から岩手県の握手会などにそもそも参加しない。通りすがりでできる犯行ではない。)で、AKB48のファンで握手会の仕組みを理解しており、そして、二人のどちらかを狙ったと考えるほうが自然です。

警察の発表には、弁護士の意図が見え隠れします。

この事件は、どう考えても、計画的です。思想的には逸脱しているとこがあるでしょうが、十分正常な判断を持っていたと考るほが妥当です。

今後の検察側の取り調べに期待します。

また、今後のAKSの運営の方々には安全策について充分検討していただき、ファンやメンバーが安全に活動できるようサポートしてもらいたいものです。

何よりも、被害に合われた川栄李奈さんと入山杏奈さんそして、その二人をかばったスタッフさんが少しでも早く元気になれるように祈りたいと思います。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます