SSブログ

AKB 握手会 事件の動機が不可解な件 [AKB48]


5月25日岩手県滝沢市でのAKB握手会で起きた事件について、現行犯逮捕された容疑者の動機が次々と出てきていますが、どうも、やってることと、言っていることが一致しないように感じます。


事件は滝沢市の岩手産業文化センターで発生し、開催中だったAKB48の入山杏奈さんと川栄李奈さん、それに二人をかばったスタッフの男性三人が犯人が持った折りたたみ式鋸で襲われ指を骨折するなど大怪我を負った事件です。

川栄李奈と入山杏奈.png


その後の警察の調べで24歳で無職の容疑者が動機を語っているようですが、その動機がどうも不可解です。



警察では、「誰でもよかった、人を殺したかった」と言っているそうですが、どうも変です。


まず、握手会に参加するためにはAKB48のCDを購入する必要があります。(ファンクラブとかモバイル会員というのもありますが、今回はそこまでは触れません)

なので、「誰でもよかった」の誰というのが、まずわかりません。握手会に言った方ならわかるの思うのですが、メンバーと握手するためには、それなりの早い時間に会場に到着して、長い列に並ばなければなりません。そこからして、すでに計画的な犯行の可能性を感じます。



それに、誰でもよかったのなら、それこそ、会場のファンでもよかったわけで、握手会の列に並んでいる理由がわかりません。握手するまでは結構忍耐入りますよあれは。



次にAKB48のメンバー誰でもよかったのなら、なぜ、川栄李奈さんと入山杏奈さんの列に並んだのでしょうか。この二人はAKB48の中でも中堅の部類に入り、決して短い列ではありません。並んですぐに握手できるメンバーではありません。


当日、その握手会に参加していなかったので、他にどんなメンバーがいたかは不明ですが、確実に、彼女らより短い列があったはずです。


なので、どうしても、AKB48のメンバーを計画的に狙っていた可能性が高く、そのメンバーも川栄李奈さんか入山杏奈さんを狙っていたのではないでしょうか。本人は川栄李奈さんのことは知らないと言っているようですが、知らない人が偶然に選べれるような単純なものでもありません。ましてや、凶器を隠し持っていたわけですから、少しでも早く犯行を終えて、逃げる事を考えるはずです。

しかし、ここまで、計画的に、執拗に機会を狙っていたはずなのに、この犯人はまったく逃げることを考えていません。むしろ、捕まることを前提にしていた節があります。


確かに、あの握手会の中で刃物を振り回しても逃げきれるはずがありません。そんなことも考えられなかったのでしょうか。いや、やはり、捕まることを確信していたと考えるべきでしょう。


これらを考え合わせると、犯人はかなり計画的(でなければわざわざ青森県から岩手県の握手会などにそもそも参加しない。通りすがりでできる犯行ではない。)で、AKB48のファンで握手会の仕組みを理解しており、そして、二人のどちらかを狙ったと考えるほうが自然です。

警察の発表には、弁護士の意図が見え隠れします。

この事件は、どう考えても、計画的です。思想的には逸脱しているとこがあるでしょうが、十分正常な判断を持っていたと考るほが妥当です。

今後の検察側の取り調べに期待します。

また、今後のAKSの運営の方々には安全策について充分検討していただき、ファンやメンバーが安全に活動できるようサポートしてもらいたいものです。

何よりも、被害に合われた川栄李奈さんと入山杏奈さんそして、その二人をかばったスタッフさんが少しでも早く元気になれるように祈りたいと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

AKB48 岩手 握手会 川栄さんと入山さん [AKB48]


昨日起きた岩手県でのAKB48握手会での殺傷事件。メンバーの川栄李奈さんと入山杏奈さんが負傷したとのことで、大変ショックな事件になりました。


川栄李奈と入山杏奈.png


この岩手県でのAKB48の握手会での事件は本当に防げなかったのでしょうか。私も握手会に行ったことがありますが、それは横浜で行われたもので、それはそれは厳重な警備と入るときの審査が厳しかったことを思い出します。

もしかすると、首都圏で実施するときと違って、地方で実施するときの警備方法が違っていたのではないでしょうか。

岩手での握手会の様子は写真で見ただけですが、野外にテントを立てて、その中にAKB48のメンバーが並んで待っているように見受けられます。


AKB48握手会で事件.jpg


野外ということもあって、警備にスキが出来たのではないかと思います。

首都圏ではあんなに厳重に手荷物検査までしているのに、地方ではそこまで徹底して行われなかったように思います。


握手会はAKB48の生命線です。その生命線を狙われたのです。こういうことが起きることはこれまでも十分予想ができたはずで、よく、今まで起きなかったなあというのがむしろ不思議なぐらいです。運営側はただ、中止にするだけでなく、今後どういう対策を打ってどのように彼女らを保護し、かつファンとの交流をこれまでどおりやっていけるかというのを真剣に考えるべきでしょう。



場合によっては、運営方針の方向転換もひとつの解決策かもしれません。これまでは奇跡的に傷害沙汰は起きませでしたが、一度起きれば、今後も同じようなことが起きることが前提になるますので、今回の事件は本当に深い傷をAKB48だけでなく、ファンにも与えてしまいました。



逮捕された犯人は、「誰でもよかった」と言っているそうで、本当に無神経で、無責任なことをしたということを思い知ることとなると思います。


これで、AKB48が無くなることはないでしょうが、活動はかなり制限されるでしょう。



まずは、6月7日に行う選抜総選挙の運営をどうするか早急に決めて、ファンやメンバーが安心して、楽しめるイベントにしてもらいたいです。



それにしても、今回被害に合われた川栄李奈さんと入山杏奈さんそして、スタッフが無事だったのが不幸中の幸いでした。


くれぐれも大事にしてほしいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

松井珠理奈 総選挙 2014 [AKB48]

いよいよ始まったAKB48の総選挙2014。我らが松井珠理奈は中間結果はこれまでの最高位3位で発進しました。

珠理奈.jpg

しかし、狙うは3位ではなく、モチロン総選挙1位

中間発表でも松井珠理奈はGoogle+で「うれしい、でも悔しい!」とコメントを残しています。

それほど、今回の総選挙にかける珠理奈の意気込みの凄さが伺えます。

狙っているのは2位の渡辺麻友ではなく、1位の指原莉乃の順位です。

2014年は大島優子も前田敦子もいない初めての選抜総選挙となり、圧倒的な強さを誇るHKT48の指原莉乃。そして、ザ・アイドルの渡辺麻友の一騎討ちとの呼び声も高いですが、そこにこれまでAKB48グループに貢献してきた松井珠理奈が刺客として一石を投じます。

珠理奈2.jpg

今のAKB48は松井珠理奈がセンターをつとめた「大声ダイヤモンド」からメジャー化したのです。珠理奈にどれだけのパワーがあったか、今考えても十分凄さがわかります。

そして、SKE48をゼロから立ち上げ、現在の位置まで引き上げたのは珠理奈と玲奈です。特に珠理奈は早くからAKB48の選抜メンバーとしてずっと頑張ってきました。「大声ダイヤモンド」以降、選抜に入らなかったのは「じゃんけんシングル」ぐらいです。SKE48のシングルに至っては、すべての曲のセンターポジションを任されています。

AKB48のシングルでも、UZAやじゃんけん大会で優勝した「鈴懸のなんちゃら」がセンターポジションですが、それ以外のシングルでも裏センターをいくつもやっています。

そして、現在のチームKを引っ張っていく立場にまで成長しました。最初チームKを兼任するときは大丈夫だろうかと思ったのですが、結局、大島優子を除いて、一番チームKに在籍した期間が長いのは珠理奈になっています。それほど、AKB48にとっても重要なポジションを任されているのです。

確かに、HKT48の指原莉乃はHKT48の躍進には力を注いただかもしれませんが、AKB48グループ全体を引っ張っていくだけの器量はありません。年齢的にも今が限界です。

それでは、今勢いのあるチーム4の小嶋真子や岡田奈々にエースが務まるかというと、そこまでまだ経験値がたりません。

渡辺麻友にしても、AKB48グループ全体を引っ張っていけるかというと難しいかもしれません。しかし、珠理奈は違います。まず、SKE48とのエースとしての経験値や、11歳からAKB48グループに籍をおいて活動してきた歴史があります。

どうしても、次世代が台頭していくるまでにはまだ時間がかかるのです。そのため珠理奈を中心にAKB48グループを盛り上げていく必要があるのです。その脇をまゆゆやさや姉が固めていくことになるのだろうと思います。

かなり、強引な理論ですが、今後のAKB48グループを考えるとどうしてもそうなるのです。

持論ですので、もちろん反論を受け付けます。

でも、珠理奈ファンとしては、そう思うのです。



ラブラドール・レトリバー Type-K(初回限定盤)(多売特典生写真なし)

ラブラドール・レトリバー Type-K(初回限定盤)(多売特典生写真なし)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2014/05/21
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

渡辺麻友 総選挙 2014は2位発進 [AKB48]


今年で第6回目を迎えるAKB48グループの総選挙2014。中間結果で渡辺麻友は2位で発進した。

昨年は最終的な結果が3位。でも、今年は昨年2位だった大島優子が出馬していないので、2位が今年の最低ラインとなる模様。

本人も「今年は絶対1位」と政見放送でもその意気込みをみせ、今週発売の「ラブラドール・リトリーバー」ではセンターをつとめ、初日売り上げも140万枚突破の過去最高をマークした。

ラブラドールリトリーバー.jpg

しかし、1位の指原莉乃に1万3千票の差をつけられた結果となった。

なぜ、これほどまでに指原は強いのでしょうか?そして、2位の渡辺麻友、3位の松井珠理奈は巻き返すことができるでしょうか?

今回はこの三人にポイントを絞って、考察してみようと思います。

まず、史上初の二連覇を目指すHKT48の指原莉乃ですが、やはり、地元の固定票が多いのでしょうか。昨年も同時期、やはり1位で発進し、まさかのそのまま逃げ切りで大島優子を破り1位を獲得したのでした。今年も、基本的には同じような伸びを示すのではないかと考えられます。

そして、問題は微妙な立ち位置の2位の渡辺麻友です。3位の松井珠理奈とは票がかぶることはないでしょうが、珠理奈にはSKE48という箱推しがあります。これが渡辺麻友にはほとんどありません。AKB48の中で箱推し票を集められるかはちょっと難しいのではないかと思えます。

その中での2位ですから、このまま進むと箱推しのあるHKT48の指原莉乃とSKE48の松井珠理奈に挟み撃ちにあっている格好になります。

これは由々しき問題で、本来母体であるAKB48のメンバーがセンターを取れないということになります。確かに、指原莉乃はもともとAKB48ですし、松井珠理奈も選抜の常連でAKB48を盛り上げてきた立役者の一人であり、今でもチームK兼任ですので、AKB48メンバーであるとも言えるのですが、今回の大組閣で珠理奈はSKE48に残る結果になりました。この時、AKB48に移籍していれば、堂々とAKB48のセンターといえるのでしょうが、やはりSKE48としての立場が残ってしまったので、難しくなってきました。

AKB48グループとすれば、貢献度はやはり1位は指原莉乃でしょうし、そして2番手はここまでSKE48やAKB48を引っ張ってきた松井珠理奈でしょう。

どうしても、渡辺麻友はAKB48を引っ張ってきたという印象が薄いのです。本人のアイドル力は相当高いことはわかっています。しかし、AKB48グループを盛り上げていくことができるかと問われれば、ちょっと難しいと言わざるを得ません。

そこが、今回2位という微妙な順位となって現れたのではないでしょうか。1位を狙うより、3位の松井珠理奈との差が狭まるのではないでしょうか。

もしかすると、逆転で、松井珠理奈が1位の可能性もあるわけです。昨年の指原莉乃のように。

さて、困りました。AKB48単独で首位を守っていくのか、AKB48グループとして今後を考えるのか?今回は、ファンがどちらを望んでいるのかそれが明らかになるのではないでしょうか。

でも、やはり1位は指原莉乃かなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

木崎ゆりあの総選挙を予想 [AKB48]


木崎ゆりあ1.jpeg今年の大組閣でSKE48からAKB48へ完全移籍となった木崎ゆりあさんの今年の総選挙を大胆予想してみましょう。

まずはおさらいから。

木崎ゆりあさんはSKE48の3期生でチームSのメンバーでした。木崎ゆりあさんは、昔からかわいいとSKE48でも人気のメンバーでした。そして次世代のSKE48として期待されていました。

木崎ゆりあ2.jpg

ただ、これまで、チームSにはW松井こと、松井珠理奈と松井玲奈が在籍しており、どうしても木崎ゆりあさんはセンターに立つことができませんでした。

そして、今回の大組閣でのSKE48からAKB48チーム4への完全移籍が話題となりました。大方の予想は、松井珠理奈さんがAKB48へ移籍になるのではないかといわれていましたが、結果はAKB48へ完全移籍したのは、AKB48グループでも木崎ゆりあさんだけとの結果になりました。

さて、これまでの総選挙の結果ですが、最近の総選挙で確実に上位に上がってきていました。第3回まではSKE48があまり知られていなかったため圏外でしたが、第4回でいきなりの31位。昨年の第5回では22位と躍進してきました。


それでは、今年はどうでしょう。

まず、SKE48ではなくAKB48での出馬となります。当然、これは大きな違いとなります。やはりAKB48とのブランド力は大変高いですからね。

また、最新シングル「ラブラドール・レトリバー」のカップリングでチーム4の「ハートの脱出ゲーム」ではこじまこを抑えてセンターポジションでMVをかざっていました。



さらに、フジテレビのドラマGTOでも生徒役が決まっており、破竹の勢いです。


これらを考慮すると、16位以内は確実ではないかと思います。どう考えても、同じSKE48の須田あかりさんよりも今回は木崎ゆりあさんが入るほうが確実だと思います。あとは、それ以上、どこまで順位を上げられるかだと思います。確かに、SKE48の箱押しはなくなりましたが、彼女自身の人気がこれまでもありましたので、問題ないかと思います。ただ、SKE48としては次世代のトップを走っていましたが、成長めまぐるしいチーム4ですので強敵がいっぱいですね。そのあたりとどう、差別化を図るかがポイントです。

木崎ゆりあ3.jpg

ただ、最近報道された、めちゃイケの収録中に手首を骨折したとの情報があり、これは今後の活動に大きく影響しそうです。

怪我が早く治ることを祈るばかりです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

大人AKB 塚本まり子さんの過去がどうした? [AKB48]

大人AKBとして初選抜?された塚本まり子さんですが、早くもネット上で過去についていろいろ憶測されているようです。

大人AKB1.jpg

ネット上に上がっている説は、もともと、インディーズバンドのボーカルではないかとか、旦那はそのリーダーではないか、はては、旦那は塚本高史ではないかという説までとびだしてくる始末。

どれも、公式に発表されたものは一つもなく(当たり前です!)、ソースがありません。
インディーズバンドの件は確かに、状況証拠的にはもしかしたらと思わなくもないですが、本人が認めていませんので、事実かどうかわかりません。しかし、仮に事実でも、募集要項にはプロアマ問わずとなっていますので、全然問題にはなりませんね。

それにしても、インターネット時代の情報探査力は凄いものですね。よくぞそこまで、探し出せるものだと感心してしまいます。


大人AKB2.png

さて、肝心の大人AKBの塚本まり子さんですが、報道では、本日(5月11日)京セラドーム大阪で行われた35thマキシシングル「前しか向かねえ」全国握手会にサプライズ登場し、握手会デビューを果たしました。

グリコ「パピコ」のCM衣裳に身を包み、ミニスカ姿を披露した塚本さんは緊張の面持ちで
「皆さま、初めまして。大人AKBの塚本まり子と申します。『まりり』と呼ばれています。よろしくお願いします」とあいさつ。
「こんな多くの方の前に立ち、緊張しています。ビックリしています。CM撮影は、まゆゆちゃんたちにたくさん助けてもらって本当に感謝しています。まだ実感がないのですが、家族ご近所の方も応援してくださっているので、これからも主婦とアイドルの二足のわらじを頑張りたいと思います」とかたりました。

握手会では、島崎遥香、横山由依、永尾まりあと一緒の列にならび、会場に来たファンと握手を交わしていた模様です。

塚本さんは、8月末まで大人AKBとして、劇場や、握手会などで活動する予定だそうです。


大人AKBとしての初仕事であった、グリコ「パピコ」のCMが5月14日から放映されるようで、もう少し、まりりブームは続くようです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

島崎遥香も利用しているインスタグラムとはなに? [AKB48]

島崎遥香さんが総選挙を前にして、インスタグラムを再開したと話題になっていますが、このインスタグラムとはいったいどういうものなのでしょうか。

ウィキペディアによると無料SNSの一つで画像に特化したiPhoneやAndroid用のアプリケーションソフトと書かれています。

このソフトは写真に特化してあるだけあった、画像フィルターが17種類もあって、自分の写真をその日の気分で自由に変更できるようです。

そして、アップされた画像に対し、コメントをつけたり、フォローする機能があるようです。

なんだか、ツイッターとFacebookとGoogle+ を足して写真機能で割ったようなSNSです。

現在、このインスタグラムを利用して、フォロワートップは芸能人では

1位 水原希子
2位 ローラ
3位 梨花
4位 小嶋陽菜
5位 蒼井そら

そのほかにAKB関連では、前田敦子、篠田麻里子、松井玲奈などが参加しているようです。

それでは、その話題の島崎遥香さんのインスタグラム上での写真を見てみましょう。

島崎遥香1.jpg

島崎遥香2.png

島崎遥香3.jpg

うーむ、なんといいましょうか、ぱるるらしいというか、不思議ちゃんな感じがよく出ていますね。

Google+ を見慣れた身としては、いろんなフィルターがあって、とても新鮮に感じますね。Google+ でここまでしようと思ったら結構手がかかるのではないでしょうか。

しかし、AKB48グループ特に現役のメンバーは他のSNSとどう使い分けているのでしょうか?
公式ブログ、アメーバブログ、Google+ 、会員制のモバイルメールそれに人によってはTwitterやFacebookもやっている人がいます。そのうえこのインスタグラムですか。

よくネタがもつものだと感心します。投稿するだけでも時間がとられるでしょうに。

ねえ、玲奈さん。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます