SSブログ

上戸彩 マレフィセントのオーロラ姫役に。松たか子に続けるか? [映画]

7月5日公開のディズニー映画「マレフィセント」の日本語版オーロラ姫役に上戸彩さんが決定した模様です。

上戸彩.jpg

「マレフィセント」とは、眠れる森の美女に出てくる邪悪な妖精で、オーロラ姫を16歳の誕生日に眠らせてしまうあの悪役です。

なんと、今回、ディズニーはこの「マレフィセント」を主人公とした、史上空前のアクションファンタジーをつくりあげました。



主人公のマレフィセントを演じるのは、アンジェリーナ・ジョリー。オーロラ姫役をエル・ファニングが演じます。


エル・ファニング.jpeg

上戸彩さんが吹き替え役を演じるのは、このオーロラ姫です。

予告編をみましたが、これはもう「眠れる森の美女」ではありませんね。主人公が悪役なのですから。



現在ヒット中の「アナと雪の女王」でもそうですが、最近のディズニー映画はこれまで悪役として捉えられていたキャラクターを敢えて主人公に据えて、逆転の発想で映画を盛り上げています。


さて、今回の「マレフィセント」ではどんな逆転劇が待っているのか大変楽しみです。

ところで、オーロラ姫役は上戸彩ですが、マレフィセント役はだれが吹き替えをするのでしょうか。これはまだ決まっていないようです。


アニメ版の「眠れる森の美女」では声優の沢田敏子さんが演じておられました。でも、今回は、声優ではなく、日本の女優さんを使うでしょうね。「アナと雪の女王」の松たか子さんのように。



天海祐希.jpg


私の勝手な予想では、天海祐希さんとかどうでしょう。宝塚歌劇の出身ですからミュージカルタイプの演技も大丈夫だし、なにより、アンジェリーナ・ジョリーに通じる美しさがあります。



そういえば、この「マレフィセント」のプレミアム試写会でアンジェリーナ・ジョリーさんの夫、ブラッドピットさんが一般客に殴られるという怪事件がありましたね。

ブラッドピット.jpg

YAHOOニュースでも流れましたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。あの時は何の映画だろうと思っていたのですが、この映画だったんですね。



「マレフィセント」7月日本公開ということで、着々と準備が進んでいるようですが、先ほども書きましたように、まだ日本語版の「マレフィセント」役が決まっていません。


これも話題になると思いますので。続けてお知らせできればと思います。こうご期待。







人気ブログランキングへ

ゴジラ ハリウッド 1998年版を動画で復習 [映画]


今年2014年夏、ハリウッド版ゴジラの第2弾が公開されます。

その前に、前作のハリウッド版ゴジラ「Godzilla」を動画で復習してみましょう。

前回のゴジラは1988年に公開されました。

ストーリーを簡単に説明しますと、

ゴジラは核実験によって突然変異した巨大怪獣という設定でした。
ニューヨークに表れて、アメリカの攻撃にもものともせず、マンハッタンビル街を破壊します。そして、あろうことか、ゴジラはマジソンスクエアガーデンを巣にしてしまい、その巣から小型ゴジラの群れが現れます。なんとか巣は壊滅できたが、今度は巣を壊されたゴジラが出てきて大暴れ、アメリカ軍との大格闘の末、なんとか人間が九死に一生を得ます。
しかし、壊滅させたと思っていた巣には、なんと卵がまだ残っていた。




日本版ゴジラは孤高な感じがしますが、ハリウッド版ゴジラでは子供を守る親の立場になっています。いろんな考え方があるものですね。さすがハリウッドです。

上の動画はフルなので、もう少し、短い動画も上げておきます。





そして、今年2014年公開のハリウッド版ゴジラの予告編が公開されました。この予告編にはゴジラの顔はチラッとしか映りません。ゲスト出演している渡辺謙のほうがしっかり確認できます。





さすがに、ストーリはまだ「極秘」でして、どんなストーリかは今はわかりません。

しかし、予告編を見る限りは、かなりリアルに描かれていて、不気味さが漂います。

夏の公開が待たれるところです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます