SSブログ

木戸衣吹のしゃべる掃除機 シャープ [社会ニュース]


シャープから妹の萌え声で喋る掃除機が発売になりましたね。
製品名は「プレミアムなCOCOROBO<妹Ver>」。そして声を担当しているのは声優の木戸衣吹(きどいぶき)ちゃん。年齢16歳。でも、誕生日が11月14日なのでもうすぐ17歳ですね。

haru_kido.jpg

さて、このCOCOROBO<妹Ver>ですが、シャープによると、「お客様に楽しさや驚きを提供するインターフェース「ココロエンジン」をベースに、「かわいらしい妹のようなロボット家電と暮らしたい」、「魅力的な声のロボット家電と会話を楽しみたい」、そんなお客様の声に応える家電製品はできないかと、声優×漫画家×家電という異業種のコラボレーションにより誕生した特別なモデル」なのだそうです。

そしてお値段がすごい、14万円もする。ルンバより高い!!



我が家にはルンバ680がありますが、ロボット掃除機はルンバが1番だと思っています。COCOROBOを実際に使ったことはないのですが、家電売り場での動き方などを見ていると、やはり掃除能力はルンバの方が上のような気がします。

しかし、このCOCOROBOの売りは掃除能力じゃありませんよね。先にシャープが言っているように、「魅力的な声のロボット家電と会話を楽しみたい」という方向ですよね。カーナビみたいな一方的な発言ではなく、あくまでも会話をすることが目的です。シャープはそこに需要があると考えたわけです。

それにしてもシャープは何故ロボット掃除機にこの機能をつけたのでしょうか。ちょっとそのあたりを考察してみます。

ルンバを見ていると確かになんだか小動物のようで可愛く、ペットを観察しているみたいな気分になります。洗濯機や冷蔵庫だと動き回りませんので、可愛くありません。完全な白物家電ですから。テレビはどうだろうかと考えてみましたが、テレビはもともと音声が出る家電ですし、話しかけるというものの対象にはならないかなと思います。

そう考えると、もっとパーソナルなものが良いように思われます。一番良いのはやはり、携帯電話やスマートフォンではないでしょうか。そもそも電話機ですから話しかけやすいし喋っていても不自然じゃない。

どうしてロボット掃除機なんだろう。機能として考えればむしろ主婦が使う普通の掃除機の方が現実的です。一人で黙々と掃除するより、掃除機に愚痴をこぼしながらストレス発散させる方向で会話ができればすごく売れそうな気がします。ルンバを使っているからわかるのですが、ロボット掃除機は作動させると自分の近くにいません。どうやって会話するのかな?動いていないとき?ますます、ロボット掃除機でなくてもよい気がしてきます。
シャープさん、普通の掃除機にイケメン声優の声で主婦と会話できる機能を与えてはいかがでしょうか。

ところで、この商品の声を担当している木戸衣吹ちゃんとはどんな声優さんなのでしょうか。

ウィキペディアによると次世代を担う声優とのことで、すでに、多くのアニメ番組に出演しているようです。それにしても今の声優さんは下手なアイドルより可愛いですね。そちらの方向でも活躍できるのではないでしょうか。それぐらい可愛いです。






SHARP プラズマクラスター搭載ロボット家電COCOROBO コンパクトタイプ RX-V60-W

SHARP プラズマクラスター搭載ロボット家電COCOROBO コンパクトタイプ RX-V60-W

  • 出版社/メーカー: シャープ
  • メディア: ホーム&キッチン



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます